頭を抱えているカップル

精力と聞くと性的な意味合いに取られがちですが、辞書で調べてみると「物事に力を尽くすこと」や「尽力すること」などと記されています。
心身の活動力のことを意味しており、この言葉を使って「精力的に働く」などと表されます。
肉体的なものだけでなく、精神的な活動力にも当てはめて使用されるもので、多くは男性に対して使われる言葉ではありますが、同じように女性にも使用されます。
土曜丑の日や暑い夏の日などは、「鰻を食べて精力をつけないと」という言葉が、これに当てはまります。
最近では男性の性機能を改善するために使用されるのが精力剤だからか、言葉の意味が混迷して性的な意味に捉えられているようですが、日常会話で使用される単語となるので、性的な意味合いはまったくありません。
対する性欲は言葉通りに「性的なものに対する欲求」であり、性欲がない状態では興奮ができなかったり、関心が薄まることになります。

つまり、性行為は普通にできるし体も反応するけれど、そんな気分ではない場合は、「性欲はあっても、精力がない」状態と言えます。
男性は精力と性欲の両方が年と共に衰えますが、性欲自体は60代を過ぎても強い人が多く、けれども気分が乗らないので性行為に至れないという状態がほとんどです。
性欲はあるのに、気分が向かない男性が多く、ほとんどの性機能の問題はここに集まっているため、薬やサプリメントによる精力剤が必要となってくるのです。
もしそういったものに手を出すほどではない、という場合は札幌コンパニオンのようなちょっとエッチなお姉さんと一緒にお酒を飲む機会を作ってみたり、いっそのこともう風俗に行ってみるなど、普段はあまりない興奮するような非日常に自分自身を放り込んで見ましょう。
逆に言えば性欲がない人にとっては、ED治療薬やサプリメントなどで精力をいくらつけても効果はなく、性行為に対して前向きになれない状態となります。
こうなると、治療薬などで取り戻すことは難しく、生活環境などから改善して性欲を復活させる必要があります。